金魚の飼育に最適な水温は何度?飼育水の温度の保ち方?

金魚の飼育に適した水温は何度?

観賞魚として特に最初に思いつく程、身近で飼われることの多いのが金魚です。

夏祭りなどの縁日の金魚すくいなどで、手に入れて金魚鉢などで飼ったことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな身近に感じる観賞魚の金魚は、自分で体温を調節できない変温動物なので、飼われている水温の変化で動きが活性化したり、逆に調子を崩したりもします。

その変温動物である金魚を飼育するのに最適な水温があります。

また、最適な水温から外れた水温で飼っていると徐々に衰弱したり、病気になりやすくなったりします。

そこで、金魚の飼育に最適な水温は何度なのか、また、飼育水の温度をどのように保つのかの方法を解説します。

スポンサーリンク

金魚飼育に最適な水温

ズバリ金魚が元気に過ごしやすくするための飼育水の水温は、15~28℃と言われています。

あくまで、金魚にとって快適な水温は上記水温ですが、0~35℃位の水温の範囲でも生きていくことは出来ます。

ただし、金魚は変温動物なので急激な水温の変化には弱いので、水温の変化にならしていけば0~35℃の範囲でも生きていけるということです。

また、金魚の種類によっては外国産の金魚もいます。

それらの金魚は、低水温への耐性を持っていない種もいるので、冬場の低水温では生きていけない場合もあります。

屋内で金魚を飼う場合の水温維持方法

屋内で金魚を飼うとなると、もちろん水槽で飼育することになると思います。

だれでも思いつく金魚鉢だったり、四角いガラス水槽だったりと水槽がまずは必要となってきます。

金魚掬いなどで可愛い金魚を持ち帰ってきて、いざ飼う事になって適当な入れ物に入れて飼ってしまうと金魚にとってもいい環境とは言えません。...

屋内で飼育すると、春・秋などはほとんど水温を気にする必要もありません。

しかし、真夏の時期に締め切った室内で外出している室内では簡単に35℃を超える室温になり、それにともなって金魚を飼育している水槽の水温も上昇していきます。

また、真冬の時期になると室内の暖房を付けていないと、簡単に0℃近くまで室温が下がる地域もあります。

人がいる部屋だと暖房や冷房がついて人にとって快適な温度は、金魚にとっても快適な水温になりやすいですが、いざ人がいなくなって冷暖房を切った状態になると室温が下がったり、逆に上がったりして、水温が変化しやすくなります。

室温が変化しやすいということは、金魚を飼育している水温が変化しやすいということに繋がり、金魚が体調を崩す可能性があるということになります。

そこで、金魚を飼育している水槽の設置場所によっては、水温を管理してあげる必要が出てきます。

冬場の飼育水の水温を保温するためには、ヒーターを設置したら自動で設定してある水温を維持してくれます。

もちろん、電気を使って飼育水を加熱して水温を維持してくれるので、電気代は掛かってきますが、可愛い金魚のためなのでしかたないことでしょう。

GEX オートヒーター55W
GEX 金魚元気 AUTOヒーター SH55
金魚が病気にかかりにくく、エサをよく食べる18℃に水温を維持する金魚用ヒーターです。ヒーターで飼育水を保温することで季節を問わず、元気良く泳ぐ金魚の姿を楽しむことができます。
水容量18L以下用の18℃固定ヒーターです。

GEX 金魚元気オートヒーター SH120
GEX 金魚元気 AUTOヒーター SH120
コンセントに差すだけで水槽水温を金魚に最適な18℃に自動保温するオートヒーターです。
水量約60L以下の水槽用のオートヒーターです。

逆に夏場は上昇した飼育水の水温をいかに下げるかになってきます。

一番簡単なのは、水槽用の冷却ファンで水槽の水温を下げる方法があります。

飼育水の水面に冷却ファンからの風を当てて、気化熱で水温を下げます。

ただし、室温や湿度に大きく影響を受けるので、目安として室温からー3℃位は水温が低くなると思っておけばいいです。

そのー3℃された飼育水が、快適に過ごせる水温を超えてくるようであれば、室内に設置してあるエアコンで室温ごと下げる方法もあります。

30℃位の水温でも金魚はそこそこ元気に泳いでいますが、それ以上になってくると餌喰いが悪くなったり、元気が無くなって最悪死んでしまうこともあります。そんな可愛い金魚達を夏場に元気に飼うためには、水温対策をしなければなりません。そこで、金魚を飼っている水槽の水温が高い場合に、水槽の水温を下げる方法を紹介します。

また、金魚を飼育している水槽が移動出来るのなら、夏場は日光が当たらない涼しい場所に設置しなおすことも検討してもいいかもしれません。

あと、夏場の時期に注意したいのが、飼育水温が28℃を超えてくると飼育水中のバクテリアの繁殖が活発になってくるので、飼育水中の溶存酸素濃度が低下してくる問題です。

金魚も飼育水から酸素を吸っていますが、バクテリアが活発になる水温になってくると、その酸素が低下して、金魚が水面で口をパクパクさせるいわゆる鼻上げ状態になってくることがあります。

その場合は、エアレーション(ブクブク)をしてあげると飼育水中の低酸素状態を解消することが出来ます。

屋外で金魚を飼う場合の水温維持方法

金魚を飼育する場合に、屋内の水槽で飼育するだけとは限りません。

庭やベランダなどで、水槽や鉢、もしくはもっと大きな池などで飼育することも考えられます。

屋外で金魚を飼育する場合にも、春・秋は快適に過ごせますが、夏・冬はちょっとした工夫が必要です。

夏は出来るだけ直射日光が飼育している鉢などに当たらないように、日除けなどで直射日光を遮ってあげる必要があります。また、日除けが上手く設置出来ないようであれば水草を浮かべてあげるだけでも、水面に直接日光が当たらなくなります。

また、浮草の根は金魚のエサやバクテリアの住処にもなるので、金魚にとっても快適に過ごせる環境になります。

ただし、水面を浮草が覆ってしまうと、肝心の金魚を鑑賞しづらくなってしまうので、適宜増えた浮草を間引いてあげる必要があります。

冬は、水面に氷が張る程気温が下がり、水温も下がりますが屋外で徐々に低水温に慣らしておけば冬眠状態で動くことはほとんどありませんが、しっかりと生きています。

特に冬場の屋外飼育の場合は、エサをあげる必要もなく水替えも必要ないくらいの状態です。

秋の内にしっかりとエサを与えて、体力をつけて冬場の冬眠に備えてあげる必要がある位です。

もちろん、ヒーターなどで加温してあげてもいいのですが、屋外で飼育するとそのヒーターによる加温にかかる電気代も馬鹿にならないのであまり現実的ではないでしょう。

まとめ

金魚が快適に過ごせる水温は、15~28℃の範囲で低水温や高水温に慣らしていけば0~35℃の範囲でも生きてはいけます。

金魚は、変温動物で水温の急激な変化には弱く、衰弱してしまったり病気を患ってしまったりするので、その点だけは特に注意が必要です。

屋内飼育なら、夏場は冷却ファンやエアコンを併用したりしながら、逆に冬場はヒーターによる加温で飼育水温を維持してあげるといいです。

屋外飼育なら、夏場は日除けや浮草を浮かべて飼育水に直射日光が当たるのを避けて、水温上昇を防ぎながら、冬場は秋にしっかりとエサを与えて体力をつけさせて、冬眠に備えさせることが重要となってきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする