金魚を飼いたい!そんな金魚の入手・購入先!

金魚を飼いたい!そんな金魚の入手・購入先

金魚とひと言でいっても、姿形が違う種類が沢山あります。
どういう種類の金魚を飼うか決めたら、まずはその金魚を入手(購入など)しなければなりません。

金魚の入手先も、今では多くの選択肢があります。
一般的には、地元などの熱帯魚ショップ等で購入される事が多いですが、まだまだ色々と入手・購入先はあります。

そこで、金魚を飼いたいと思った時に、金魚を入手・購入する方法などです。

スポンサーリンク

一般的な金魚の入手・購入先

熱帯魚ショップ・ペットショップ

一般的な金魚の入手先金魚を入手するさいに真っ先に思いつくのが、熱帯魚ショップです。
熱帯魚ショップでは、泳いでいる金魚を見て選ぶことが出来る場合が多く、ショップの店員さんなどから飼育する上でのアドバイスなども聞けます。

何か金魚飼育上のトラブルが起きた時にアドバイスを聞けたりするので、一つでもそう言うアドバイスを聞けるショップを作っておくのも金魚を飼育していくうえで安心出来ます。
ただし、ショップによっては扱っている金魚の種類が少なかったりするので、地域によっては熱帯魚ショップを探す方が大変なことも。

ホームセンター

金魚の入手先のひとつとして、ホームセンターがあります。
全てのホームセンターが同じとは言いませんが、熱帯魚ショップと比べると状態の良い金魚が選びにくいことがあります。

また、店員さん自体の飼育スキルの差が激しいので、知識豊富な店員さんがいるホームセンターの場合は安心してアドバイスを聞けますが、そうでない店員さんの場合には…

時期的に春先頃から夏頃まで、特に力を入れて金魚を販売しているので、その時期ならいろいろな種類の金魚を見つけることが出来るかもしれません。

ネット通販

イーンターネット通販でも、金魚を購入することが出来ます。
「ネット通販で金魚を購入?宅配便で金魚を運ぶ?」と思われる方もいると思いますが、金魚を輸送するのはまったく普通なことです。

熱帯魚ショップなどが金魚を卸問屋や養魚場から仕入れるさいには、ビニール袋に飼育水と金魚を一緒に入れられてダンボールに袋詰めされて送られてきます。
その後、水合わせやトリートメントなどをして、一般の購入者が買いやすいように展示販売しています。

このように、宅配便で金魚が送られてくるインターネット販売は、熱帯魚ショップがあまり無い地域に住んでいる方にとっては、非常に便利な購入先になります。
ただし、一点物などで販売されている金魚は、画像と同じ金魚が送られてきますが、それ以外の金魚の場合は、目で見て選ぶ事が出来ないことがデメリットでもあります。

インターネット通販で金魚を販売しているショップも非常に多いですが、その梱包の丁寧さなどショップによって非常に差があります。
個人的にペット用品や生体などをネットショップで購入してきましたが、丁寧で厳重な梱包で送ってくれるのがペット総合ショップで有名なcharm(チャーム)iconです。

生体を購入すると、発砲スチロールにたっぷりの飼育水とともにパッキングされた状態で、夏は水温が上がらないように保冷剤とともに、冬はカイロを一緒に入れてくれて送られてきます。

また、パッキングされたビニールは二重になっており、運送時にビニール袋が動いてしまわないように、エアーパッキンなどもしっかりと詰め込まれており、生体に対する運送時のストレスを少しでも軽減させる工夫がされています。

個人的には非常にオススメなネットショップです。

金魚すくい

夏祭りなどの出店で、良く見かけるのが金魚すくいです。
もちろん、金魚すくいも金魚を入手先になりますが、良く金魚すくいで見かける金魚は孵化してから3・4か月した位の小赤や出目金、琉金などです。

観賞魚の中でも有名なのが金魚で、結構飼ったことがある人も多く、身近なペットとしても触れる機会が多いです。一概に金魚と言っても多くの種類・品種があり、特徴も色々です。金魚の種類・品種によっては、簡単に飼える金魚や飼育が難しい金魚もいます。そこで、金魚の代表的な種類・品種やその特徴を紹介します。

金魚すくいで入手した金魚は早く死なせてしまったり、あまり状態が良くないと言われていますが、もともと金魚は丈夫な観賞魚です。
しっかりと、何故そうなるのかを理解しておくと、しっかりと育ってくれます。

夏祭りで必ずと言っていいほど見かける金魚すくい。突発的に金魚すくいで手に入れた金魚を持ち帰ってくることがあります。金魚を家に持ち帰るまでに、どのような行動をとるかで金魚へ与えるダメージが違い、最悪の場合、翌日には弱って死んでしまう事もあります。そこで、祭りなどで金魚を家に持ち帰ち帰るさいの運び方と注意点です。

特殊な金魚の入手・購入先

金魚の愛好会や品評会

欄鋳(ランチュウ)などに代表されるような高級な金魚は、一般的な熱帯魚ショップでは入手が出来ないことがあります。
これらを飼いたい場合などは、愛好会や品評会などが開催されている日を調べてみる方法があります。

即時販売会などを行っているので、珍しい金魚などを入手出来る機会でもあります。

養魚場

金魚を繁殖させて、卸問屋などに卸ているのが養魚場です。
一般向けに小売り販売をしてくれる養魚場もあるので、住んでいる近くに養魚場があれば一度問い合わせてみるのも手です。

小売り販売をしてくれる養魚場なら、たくさんの金魚の中から自分好みの金魚を選んで入手出来る場合があります。
また、養魚場の人は金魚飼育のプロなので、いろいろ飼育アドバイスをもらうことが出来る機会になります。

まとめ

金魚を飼いたいと思ったら、一般的な入手・購入先として熱帯魚・ペットショップやホームセンター、ネット通販、金魚すくいなどがあります。
また、特殊な入手先として、愛好会・品評会や金魚の養魚場などがあります。

特に初めて金魚を飼うなら、熱帯魚・ペットショップで店員さんのアドバイスを聞きながら購入するのがいいでしょう。
金魚飼育に慣れてきたら、ネット通販や愛好会・品評会などで金魚を入手してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする